2009年12月06日

唄・笛稽古どすえ

暖かなよい天気の日曜日
12月の唄・笛の稽古が午前中に行われました晴れ

何度目だったかな・・9月スタートだとすると、4度目かな?

唄の稽古では、今回からピアノができるユウタツママが、唄のメロディーラインを
唄に合わせて奏でてくれるという新稽古をしました

Image520.jpg

秩父音頭の唄は、笛と違うメロディーで唄います
唄い出すところも、息を吸うところも、全部違うので、唄は唄、笛は笛の
メロディーを完全に把握していないと、唄うことも吹くこともできないのです
だいたいはわかっているものの、一人で唄うとなかなかおぼつかない・・
そんな不安を払拭すべく、ユウタツママのピアノが大活躍右斜め上
しっかりマスターして、本番に唄えるようがんばりましょう

ママと一緒に来た、ゆうたん・たっちゃんは、今日も持参の締め太鼓を叩き
2時間の稽古の間、みっちり貢献してくれましたぴかぴか(新しい)
唄も笛も、締めのリズムがないとなかなかうまくいかないから助かりました

会長が笛を習いに秩父まで行かれていたときの話をして下さいました
今のように指使いを書いた紙などもちろん無く、すべて手を見て覚えたそうです
伝統芸能たるや、そうやって見て肌で感じで、身につけていくことなんだと
あらためて感じてらっしゃるとのこと

職人さんも、そうですよね
伝統の技を覚えるのに、マニュアルが書いてあるなんてことはない・・
すべて師匠や先輩の手先指先道具さばきを見て覚える
人から人へ伝えられる技の極意に、相通じるものなのかもしれませんね

おっと、話ずれましたか?

次は、来週日曜日の稽古です
いよいよ師走、今年も二回の稽古残すのみです
(あ・・忘年会もありましたねビールフフフ)
今年を締めくくるべく、はりきって臨みましょう手(グー)
posted by ふじみっ子 at 17:39| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日も子連れでの稽古となり、はたまたお騒がせしました。パパ不在のため、連れていくことになったのですが、二人は大喜び!締め太鼓たたきにすっかりはまってしまいました。

唄のメロディーライン弾き…少しでも手助けになれたら嬉しいです。

知り合いの民謡の先生が、以前言ってたのですが、民謡(秩父音頭も広く捉えると民謡かな)は、洋楽のようにはっきりしたメロディーはないそうです。というか、音符通りに唄うのではなく、語りの延長に唄があると。なので、基本メロディーを覚えたら、そのとおりに唄うのではなく、相手に語るように自分で作りあげていくものみたいです。会長の話しと、とこちゃんの記事に通じるものがありそうですよね。
日本の伝統芸能や文化って奥が深いですねぇ。
Posted by ゆうたつママ at 2009年12月06日 21:51
今日の唄と笛のレッスン、ゆうたつママ親子のリードで楽しい2時間レッスンでしたよ、締太鼓もぴったりリズムに合ってて唄い安かったし、会長の伝統芸能の伝え方の話に、見て覚える事の大事さの一言は、何事もその通りだなーとつくづく感じましたよ。
ゆうたつママ次回のレッスンもピアノでリードしてね。

忘年会大いに盛り上がろうぜ(^O^)/。
Posted by おかめ at 2009年12月06日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。